Homeスポンサー広告特攻野郎Aチーム THE MOVIE>映画版Aチーム キャラクター考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画版Aチーム キャラクター考察

2010.09.12 Sun

考察というか自分なりのまとめです。
ハンニバル
作戦の立案担当。更に問題児の再教育も得意。
部下に頼りにされているリーダーだが予想外の事態(親友に裏切られるとか)に直面したりすると動揺することも。
軍人であることにことさら誇りを持ちこだわっている。(この点は他の三人も同様と思われる。)
非常に部下想いで仲間想い。故に厳しく当たることや多少暴走する。まっすぐで熱血。
余裕余裕で人を食ったような態度も得意だったテレビのハンニバルとは正反対ですね(笑)ただしラストシーンでここらへんの片鱗も覗かせるので今後化けるかもしれません。
「お前たちを裏切るくらいなら殺された方がましだ」(吹替えでは「銃殺されたほうが」)この台詞がハンニバルの仲間に対する姿勢を表しているかと。

フェイス
正真正銘Aチームの副官でハンニバルの右腕。状況によってはハンニバルに変わって作戦立案遂行を担当。
ただしそういう時でも必ずリーダーであるハンニバルを立てる。
メンバーの中で「一番」クレイジー(笑)
ハンニバルいわく「スケベ」。女性大好き。女性と具体的にやったという表現が出て来たのは初めてじゃないでしょうか。そんなスケコマシ野郎ではありますが本気になった相手には真剣です。
予告を見た時「フェイスがマードック状態?」と感じていたのですが蓋をあけてみたらマードックどころか一人で四役やる勢いだったでござるの巻。
彼の世渡り上手部分が一番表現されているのは刑務所のシーンではないでしょうか。フィットネス器具や日焼けマシーン導入させるは女性看守食いまくるわ…凄いよ。次回があるなら詐欺師の腕前にも期待。

マードック
凄腕パイロット。そして凄腕料理人。タプナードカリーは食べたいけどステーキはちょっとなあ(笑)
おちゃらけてはいるが緊迫したシーンだとちゃんとシリアスモードになる。そのギャップが魅力。
チームのマスコット的存在でありBAのお守役。年齢的にはハンニバルの次に年上のはずだが、どう見ても一番年下に見えますありがとうございました。
テレビのマードックに比べておとなしく見えるけど、メキシコの病院でのシーンを見ると相当ヤバイ奴にも思える。
今回は空中戦描写があったのでパイロットとの腕前を堪能できて良かったです。てかもっと入れてくれてもいいよw
「俺はレンジャーだ!戦士だ!」という台詞から考えるに余程軍に戻りたかったのだろうなあ。贅沢いうならマードックの入れ墨も見たかったです…。

BA
ドライビングテクニックはピカイチ。
ガンジーに傾倒する前でもそれほど無茶な乱暴者には見えない。というか非暴力と口の悪さは別物なのね(笑)
料理で懐柔されてしまうようなわりあい扱いやすい人。
ハンニバルはBA、フェイスとマードックはボスコ。
テレビのBAはたまに本気で腹立たしくなるほど(笑)我儘で乱暴者なところがありましたが、それに比べればおとなしいものです。初対面でいきなり撃ってきたハンニバルにも敬語使ってるしなあ。
「お前ら全員上官じゃなけりゃブン殴ってる」と言っていますが、テレビなら階級関係なしに殴ってたと思うねw
メカニックとしての腕前があまり出てこなかったのが残念です。泣き顔が情けなくて可愛いw

Aチーム
仕事でのチームワークは抜群。それ以外でもとても仲が良くまるで家族のよう。父親と三人の息子達。テレビシリーズだと後半の雰囲気が近いかな。初期は有事以外は放任主義だったよね。一緒に見た友人にも「四人が凄く仲がいいことはよくわかった」と言われましたハイ。
とりあえずいつも四人べったりなんだろうなと思わずにはいられない。というよりもこいつらが離れて何かやってるって状況が全然想像できないんですがw
リーアム氏が「四人の絆の固さを見て欲しい」とインタビューで言っていましたが、確かにそういう部分はよく表現できていたと思います。裁判のシーンで一人で罪を被ろうとする上官と、自分たちにも同じように裁きを受けるという部下達。月並みな描写かもしれないですがやはりグッときました。そういえば原作のテレビの地獄島からの大脱出の裁判シーンでも、マードックに罪を着せたらどうかという提案に、それだけはできないと三人が罪を認める描写がありましたが、あそこもやはりグッときたんだよな…。
ラスト、じゃれあってるマードックとBAを微笑ましそうに眺めてるハンニバルとフェイス。あそこ凄い和むんですがw
そうなるとやはり空白の八年間がますます気になるところです。最初はバラバラであっただろう一組と二人がどうやって強固な関係を築くようになったのか。ある意味一番美味しい部分をすっとばしてるよ勿体ない。
そして当然ながらこのあと本格的な逃亡生活に入るであろう四人の様子もきになるわけであります。やはりまたずっと一緒に逃げるのかな。個人的にはそんな展開希望です(笑)



拍手お礼。
いつも拍手をくださるみなさまどうもありがとうございます。
スポンサーサイト

タグ:Aチーム 拍手返信

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenskycool.blog40.fc2.com/tb.php/57-f2f47625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。